ハンサード(Hansard)解体新書 

ハンサード(Hansard)(いつかはゆかし)や海外投資を詳しく解説!

積立投資の考え方

ハンサード投資 ドルコスト平均法を利用しないIFA

ドルコスト平均法を利用しないIFA 通常海外の積み立てのセミナーなどに行った場合、ドルコスト平均法の説明を聞きます。今だとハンサードは募集していませんので、ロイヤルロンドンや、インベスターズトラスト、プレミアトラストなどになるでしょうか。 …

ハンサード投資家に伝えたい世界で一番シンプルな積み立て投資の考え方

あけましておめでとうございます。 しばらく更新を減らしていたら、ずいぶん検索のランキングが下がってしまったようなので、少し頑張ろうと思います。 ハンサード投資家に伝えたい世界で一番シンプルな積み立て投資の考え方 多くの投資資産の長期的な平均リ…

ハンサード投資家のためのファンド選択入門

今日はハンサード投資家のためにファンド選択入門をお届けします。 ファンドを値動き毎に分類しよう(アセットアロケーション) ファンド選びはチーム作りと一緒です。 おなじ働きするファンドばかり選んでも、逆に個性が死んでしまいます。 まずは様々な値動…

会話形式 ハンサード投資家向け 積立投資についての疑問解消

プロローグ 今日から会話形式を導入します 皆さん宜しくお願いします 人気がなかったら女性2人にして再出発するわ ひどい(´;ω;`) ※スマホの人は見れないことが分かりました こまったわ! どうしようもないな・・・。 こんな二人がお届けしているので、タブ…

ハンサード投資家 つみたて入門:残高が少ない時は、最後の成績の影響が大きい!?

今日は改めて積み立て投資の初期に気を付けたい点を案内しますね。 以前残高が少ない時期は最後の時期の相場の影響が大きいと書いたと思います。 これについて詳しく書いていきたいと思います。 まず積み立て投資は徐々に資産が増えていくことを思い出してく…

ハンサード投資家も知るべき、インデックスファンドVSアクティブファンド

週刊エコノミストで「どちらが有利か インデックスvs.アクティブ運用成績表」というのが出ていましたので、確認していきたいと思います。 インデックスもアクティブも得意・不得意があるので確認していきましょう。 エコノミスト誌 インデックスVSアクティ…

ハンサードファンド分析 MC41 HIL JPMorgan Eastern Smaller Companies

本日ご紹介するのはMC41 HIL JPMorgan Eastern Smaller Companiesです。簡単に言うとアジア小型株ファンドです。 JPMorgan Eastern Smaller Companies 定量分析 さて今回は定量分析から言ってみましょう。このファンドは1991年から運用開始している老舗ファ…

ハンサード投資家に伝えたい2大投資戦略とは

ハンサード投資家に伝えたい2大投資戦略とは ハンサードの投資家はプロに相談する(投資助言業)・またはプロに運用を任せる(運用業・投資一任業)のどちらかを選択されていることと思います。 そうはいっても多くの投資家が損しているときは気が気ではな…

ハンサード 思い込みだらけの積立投資

皆さんは思い込みだらけの積立投資を行っていませんか? 今回はみなさんを不思議な不思議な積立投資の世界にお連れします。 まずは下のように1万円から6000円を行ったり来たりする投資対象を見てみましょう。 株価の値動き20年分(120か月分) この投資対象…

ハンサード積立 感情的な投資に陥らないための投資原則とは

ハンサード積立 感情的な投資に陥らないための投資原則とは 資産運用はとにかく感情に左右されるとろくなことになりません。 心が弱くなり、検索してついついハンサードの解約を進めるサイトの言葉を真に受けてしまいます。 ハンサードの特徴でも記載しまし…

ハンサード投資家が知るべき積み立ての極意

米国最大手の一つのFP会社、イーデルマン社が勧めている積み立ての極意を確認しましょう。 内容は『公的年金が当てにできない世代の「自分年金」の作り方』 著:方波見寧を参考に記載します。 イーデルマン社の積み立て投資の4つの原則 ① 長期的に上昇する…