ハンサード(Hansard)解体新書 

ハンサード(Hansard)(いつかはゆかし)や海外投資を詳しく解説!

ハンサード投資家も参考になるSaving and Investing 

 

f:id:hansard:20191007165727j:plain

 

今日は趣向を変えてアメリカの証券取引委員会が作った投資のパンフレットから改めて投資について勉強していきましょう。

 

 https://www.sec.gov/investor/pubs/sec-guide-to-savings-and-investing.pdf

リスクについて

すべての投資には、リスクを冒すことが含まれる。株式、債券、投資信託などに投資する際には、1回の投資で一部またはすべての資金が失われる可能性があることを十分に理解しておくことが重要です。

 

長期的には、株式市場は歴史的に約10%の年間リターン(インフレの影響を差し引いた場合、6%または7%「実物の」に近いリターン)を提供してきましたが、長期的には、その効果が現れるまでにかなり長い時間がかかることがあります。1929年のピーク時(株式市場が暴落する前に)に株式市場にすべての資金を投資した投資家は、株式市場が同じ水準に戻るのを20年以上待つことになります。

 

しかし、1930年台の株価の下落は、その後20年以上にわたって買い持ちを続けてきた投資家に大きな利益をもたらしたことから、その間ずっと市場に資金を投入し続けてきた投資家は、非常にうまくいっていたでしょう。

 

リスクが大きければ大きいほど投資に対する潜在的な見返りは大きいとよく言われますが、不必要なリスクをとることは避けられることが多いです。投資家は、1つの投資が損をすれば、他の投資がその損失を補う以上のものになるように、さまざまな投資の間に資金を分散させ、リスクから身を守るのが最善でしょう。「多様化(分散投資)」と呼ばれるこの戦略は、「すべての卵を1つのかごに入れないでください。」と簡潔に要約することができます。

 

投資家はまた、長期間にわたって新しい資金を投資対象に加えるという一貫したパターンに従うことによって、すべての資金を誤った時期(1929を考えてみてください)に投資するリスクから自らを守ることができます。

 

投資のためにお金を節約したら、すべての選択肢を慎重に検討し、どのような多角化戦略が自分にとって理にかなっているかを考える。SECは特定の投資商品を推奨することはできませんが、株式および株式投資信託、社債および地方債、債券投資信託譲渡性預金証書、マネーマーケット・ファンド、米国財務省証券など、膨大な数の投資商品が存在することを知っておく必要があります。分散投資は、市場が下落しても投資が損をしないという保証はない。しかし、損をしない可能性や、損をしても分散投資していない場合と同じように損をしない可能性を高めることができる

 

私にとって最高の投資は何ですか?

その答えは、お金がいつ必要になるか、目標、そして元本を失うリスクの高い投資を購入した場合、夜眠れるかどうかによります。

 

たとえば、老後のための貯蓄をしていて、退職するまでに35年ある場合、よりリスクの高い投資商品を検討する必要があるかもしれません。つまり、「貯蓄」商品だけに固執するか、リスクの低い投資商品に固執すると、お金の成長が遅くなりすぎること、またはインフレと税金を考えると、お金の購買力が失われることを知っているからです。人々が犯しがちな過ちは、低金利の投資にあまり長い間必要としない資金を投入することである。一方短期的な目標のために貯蓄するなら5年以内であれば、リスクの高い投資を選択する必要はありません。売却する時期になると、損失を被る可能性があるからです。投資の価値は急速に上下することが多いため、可能な限り最良のタイミングで待機して販売できるようにする必要があります。

 

投資をするときは、会社や企業にお金を渡して、成功してさらにお金を返してくれることを期待します。

株式・債券

多くの企業が投資家に株式や債券を購入する機会を提供している。次の例は、株式と債券の違いを示しています。自動車を製造する企業が良い投資になると考えているとします。あなたが知っている人は誰もがその車を買っていて、あなたの友人は、会社の車が故障して何年もうまく走ることはめったにないと報告している。投資のプロに会社を調査してもらって、それについてできるだけ多くのことを読んでもらうか、自分でやるかのどちらかです。調査の結果、同社は今後さらに多くの車を販売する堅実な企業であることがわかりました。その自動車会社は株式と債券の両方を提供している。この債券を発行することで、会社は10年以内に初期投資を返済し、年に8%の利率で年二回利子を支払うことになります。株式を購入すると、会社の業績が悪かったり、株式市場の価値が下がったりした場合に、初期投資の一部またはすべてを失う可能性があります。しかし、債券から得られる以上に株価が上昇することもある。その株を買うと、会社の「所有者」になる。決定と格闘する。債券を購入すると、そのお金と年利8%が戻ってきます。そして、あなたは、会社が長年ビジネスをしていて、破産する可能性がないように見えるので、会社はあなたとの債券についての約束を守ることができると思う。同社には自動車製造の長い歴史があり、株価が年平均9%上昇していることがわかっています。さらに、毎年利益から3%の配当を株主に支払っています。

 

ゆっくり慎重に決めてください。正しい選択をしたかどうかは時がたてばわかるだろう。消費者が運転したいと思う高品質の車を販売し続け、その販売から十分な利益が得られる限り、会社を監視し、株式を保有し続けることになる